県内で米軍航空機の事故やトラブルが相次ぐ中、県が飛行停止を求めるようになった1999年以降の墜落や着艦失敗などの重大事故13件について、事故から同型機の飛行再開までの平均が6・1日だったことが、沖縄タイムスの調べで分かった。