【東京】米軍普天間飛行場所属機の相次ぐ不時着を受け、自民党県連の照屋守之会長と国場幸之助衆院議員は11日、自民党本部に二階俊博幹事長を訪ね、再発防止策を求めた。 二階幹事長は「県民に非常に不安を与え申し訳ない」と述べ、県連と連携して近く在日米軍司令部へ申し入れることを確認した。