名護市辺野古の埋め立て承認取り消しに向けて沖縄県が沖縄防衛局から話を聞く「聴聞」が7日午前、県庁であり県職員が待機したが防衛局は出頭しなかった。防衛局が出頭に代えてすでに提出している陳述書を元に県が報告書を作成し、翁長雄志知事に提出する。取り消し前の手続きは聴聞をもってすべて終わり、翁長知事は連休明けの13日にも取り消す方向で調整している。

沖縄防衛局の意見を聞く「聴聞」のため待機する県職員ら=7日午前10時、県庁

 聴聞は行政手続法に基づき処分される側に弁明の機会を与えるもの。県は、防衛局は同法の適用外との認識だが、国の求めに応じ慎重に手続きを進めるため聴聞を実施した。防衛局は出頭しない方針を明確にしていたが、翁長知事は7日まで待って取り消す考えを示していた。