帝国データバンク沖縄支店が7日発表した2015年度上半期(4~9月)の倒産集計によると、件数は前年度比3・4%減の29件、負債総額は60・2%増の72億7400万円だった。集計方法を統一した2005年度以降、過去11年間で見ると、件数は5番目、負債総額は6番目の水準だった。