【東京】県選出の野党国会議員でつくる「うりずんの会」は10日、大野敬太郎防衛政務官と岡本三成外務政務官を訪ね、米軍普天間飛行場所属ヘリが県内民間地に相次いで不時着したことに抗議した。 照屋寛徳衆院議員(社民)は大野氏に「本当に大惨事の墜落事故が発生するのではと、ものすごい恐怖を抱いている」と批判。