バリアフリー観光の普及・支援に取り組むNPO法人バリアフリーネットワーク会議(沖縄市、親川修代表)はこのほど、バリアフリー観光冊子「そらくる沖縄」の英語ダイジェスト版「Accessible OKINAWA」を発刊、外国人向けの英語版のWebサイトを立ち上げた。

バリアフリーネットワーク会議が発刊した英語版観光冊子「Accessible OKINAWA」

 冊子には那覇市内にある同会議の「障がい者、こうれい者観光案内所」の場所や各サービス、モノレールの駅や運賃、渡嘉敷島など離島を結ぶ船舶、県内のバス情報を記載。離島の観光施設なども紹介している。

 近年、沖縄を訪れる外国人観光客の増加とともに、海外から同会議へのバリアフリー観光の問い合わせも増えてきたことから英語版の冊子を発刊した。

 親川代表は「相談など受け身の対応にとどまらず、冊子を通じて沖縄観光の情報を積極的に発信できる。バリアフリーインバウンドへ向けた新たな船出だ」と語った。