【東京】島尻安伊子沖縄担当相は7日、初閣議後の会見で、「沖縄振興に全力を尽くしたい。大変やりがいを感じている。沖縄の基地負担軽減でも関係閣僚と連携の上、最善を尽くす」と意欲を示した。

記者会見する島尻安伊子沖縄担当相=7日夜、首相官邸

 米軍普天間飛行場の返還問題では、「危険性除去が極めて重要な課題であるとの認識のもと、日米合意に従って1日も早い移転に向けて取り組むというのが政府の方針」と述べ、内閣の一員として辺野古移設を進める立場だとした。

 名護市辺野古の新基地建設に反対する翁長雄志知事との会談については、「なるべく早く沖縄に行きたい。翁長知事にもお目にかかりたい」との考えを示した。島尻氏は沖縄北方対策のほか、科学技術や宇宙政策、領土問題、IT政策なども担当する。

 安倍晋三首相は同日の会見で、島尻氏の起用を「女性ならではの目線で新風を巻き起こしてほしい。沖縄の方々の心に寄り添った沖縄振興策を積極果敢に進めてほしい」と期待を込めた。