名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では8日、早朝から新基地建設に反対する市民ら160人が、工事車両の進入を警戒し座り込んだ。米軍車両の進入時、県警機動隊と市民らがもみ合ったが、けが人はいなかった。

ゲート前で、県警機動隊ともみ合う市民ら=8日午前9時40分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 同日は、7日に那覇市で「沖縄平和シンポジウム」を開いたJR東日本と貨物の労組のメンバーが激励に訪れ、新基地反対や安保法廃止を訴えた。