2学期制の一部の学校で8日、1学期の終業式があった。沖縄市の中の町小学校(早田実校長、児童数約440人)では、白と黒の式服に身を包んだ子どもたちが式典に臨み「縄跳びが上手になりました」「野菜の水やりを頑張りました」と充実した表情で学校生活の前半を振り返った。同校では明日から4日間の秋休みに入る。

1学期の終業式で、初めて「よい子のあゆみ」をもらい、緊張と喜びいっぱいの中の町小学校の1年生=8日午前9時すぎ、沖縄市上地

 早田校長は「安全に過ごしてまた元気な姿を見せてください」と呼び掛けた。

 1年生の教室では、担任の先生から初めての通知表をもらい、「『よくできました』がいっぱいある!」と喜ぶ子どもたちの姿が見られた。