大弦小弦

[大弦小弦]「あほ」「ばか」。昨年末、神戸市にある阪神大震災の犠牲者の・・・

2018年1月16日 07:05

 「あほ」「ばか」。昨年末、神戸市にある阪神大震災の犠牲者の名前が刻まれた「慰霊と復興のモニュメント」が落書きされた。毎年1月17日、追悼集会が行われる場所。誰がやったかはまだ分からない

▼6434人が犠牲になった大震災から明日で23年。落書きは、多くの体験者にとって生々しい記憶が十分に継承されていない現実を突き付けた

▼思い起こすのは昨年9月、少年らが読谷村のチビチリガマを荒らした事件だ。衝撃を受けた映画監督の仲村颯悟さん(21)は4分間の短編「The island's will」を作り、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した(8日付本紙)

▼「遺族から聞いた話を下の世代に伝えてこなかった」反省から制作したという。ナレーションで何度も繰り返される「君よ」の呼び掛けは「後輩だけでなく、沖縄戦を伝えてこなかった自分や上の世代にも問い掛けている」

▼戦争も震災も、死ななくてよかった多くの命を奪った。遺族が語るのは身を削る苦しさだろう。それでもつらい記憶をたどるのは、忘れてほしくない教訓があるからだ。沖縄でも神戸でも

▼明日の午前5時46分、神戸のモニュメント前には万余の遺族が集い、失った大切な人に語り掛ける。落書きした「君よ」、どこかでその言葉に耳を傾けてほしい。その地の記憶を知ってほしい。(磯野直)

基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム