【名護】名護市の稲嶺進市長は8日の定例会見で、新基地建設の埋め立て承認の取り消しをめぐって、沖縄県が7日に開いた「聴聞」に沖縄防衛局が出頭しなかったことについて「理解できない」と述べた。

名護市の稲嶺進市長

 稲嶺市長は「菅官房長官はこれまで、法治国家と言ってきた。県知事が承認を取り消せば着工の根拠はなくなる」と指摘。「(国は)前知事の判断(埋め立て承認)を根拠にやってきたが、新知事の取り消しも行政の手続き上、許されたものだと思う。それを守らないのは法治国家に反するのではないか」と話した。