【石垣】スズメより小さな旅鳥のエゾビタキ3羽が1日、バンナ公園の渡り鳥観察所の雑木林に飛来した。

小枝で羽を休める3匹のエゾビタキとメジロ=石垣市内

 カムチャツカやサハリン、中国北東部で繁殖し、台湾からニューギニアにかけて越冬する。

 日本では南方に向かう途中で見られる旅鳥で、全国各地を通過。八重山でも春秋の渡りの季節に観察できる。

 同公園では、旅の体力づくりに昆虫を狙っているのか、小枝にとまり、周囲を見渡していたが、留鳥のメジロの群れに追われ、いつの間にか飛び去ってしまった。(奥沢秀一通信員)