【宜野座】宜野座村は15日、イチゴの産地化や村産イチゴのブランド化を目的に、「イチゴの里宜野座村」の宣言をした。當眞淳村長が村内の農場で、農家や村職員ら約30人を前に「農家戸数の増加や生産量拡大に取り組む。より高品質なイチゴを消費者に提供できる『イチゴの里』として頑張る」と決意表明した。