沖縄県名護市の魅力を発信する第8代名護がじゅまる王子の候補者を、実行委員会が募集している。資格は名護に在住、通学、通勤する18〜35歳の男性で、1年間イベント司会やラジオ番組出演の機会がある。申し込みは19日必着。

第7代がじゅまる王子の(左から)宮里孝俊さん、新垣康大さん、村松靖将さん=沖縄タイムス北部支社

 第7代王子の村松靖将さん(29)は「人前に出ることで自信がつく」、宮里孝俊さん(33)は「老若男女と関われることも魅力」、新垣康大さん(23)は「地元名護を深く知ることができた」と活動の魅力を語った。

 実行委の前田裕子副委員長は「明るく元気に名護をPRしてほしい。いろいろな経験を通じて成長できる」と応募を呼び掛けた。書類選考を経て27日、名護さくら祭りのステージで選出大会がある。問い合わせは実行委(名護社交飲食業組合内)、電話0980(52)7050。