「人手も時間も労力もかかる。すぐに成果が出にくく、真っ先に予算削減の対象になりやすい」。本島南部の自治体職員は、市町村史編さんの現状を嘆く。調査や資料収集で専門知識を持つ人材は欠かせないが、非正規雇用が多いために職員の入れ替えが多く、経験やノウハウが蓄積されにくいとの指摘もある。