【宜野湾】2020年東京五輪・パラリンピックの公式マスコットを全国の小学生が決める投票に、宜野湾市の大謝名小6年3組が16日、1票を投じた。児童たちはオリンピックの一場面に参加できたことを喜び、「ぜひ公式マスコットになってみんなに親しまれてほしい」と期待を込めた。

東京五輪・パラリンピックの公式マスコット選考に投票した大謝名小6年3組の子どもたち=16日、宜野湾市大謝名の同校

 最終候補のマスコットは3案で、いずれも五輪とパラリンピックが対になっている。児童たちは、平和な世界を築くという大会理念、日本らしさや多くの人に愛されるデザインといった視点で話し合った。「お互いを認め合う」とのメッセージが込められ、伝統の市松模様と近代的な世界観をデザインしたマスコットを選んだ。

 名嘉千慧(ちさと)君(12)は「グッズになっても万人受けしそう」と笑った。島袋明恵さん(12)は「みんなに興味を持ってもらえたらいいな」と話した。各学級で1票投票できる仕組みで、結果発表は2月28日。