沖縄県が主催する県内最大級のIT体験イベント「IT津梁まつり2018」が19、20の両日、豊見城市体育館で開かれる。入場無料。

IT津梁まつり2018の開催を前に、ポスターデザインコンテストの結果などを報告した県商工労働部の慶田喜美男産業振興統括監(後列右から2人目)ら=県庁

 6回目を迎える今回は、プログラミングや360度VR(バーチャルリアリティー)、ドローンなどの体験イベントを多数準備している。20日は世界で活躍するロボットデザイナーで、フラワー・ロボティクス社長の松井龍哉氏の講演もある。

 一方、同イベントのポスターデザインコンテストの表彰式が13日、県庁であり、県立芸術大学の伊野波舞さんに最優秀賞が贈られた。

 このほか、沖縄アミークスインターナショナル小学校の児童3人が昨年のロボットコンテスト全国大会での優勝を報告した。

 県商工労働部の慶田喜美男産業振興統括監は「一人でも多くの県民にITを身近に感じてもらい、先進的技術に触れて理解を深めてほしい」と来場を呼び掛けた。