【糸満】糸満市議会(大田守議長)は16日の臨時会で、普天間飛行場所属ヘリの、うるま市伊計島と読谷村儀間での不時着で「ヘリ不時着や炎上、窓落下などが繰り返される現状は、県民の生命と安全を軽んじるもので言語道断」とする意見書案と抗議決議案を全会一致で可決した。