【読谷】餅のように粘って志望校にくっつけ−。読谷中学校(照屋心一郎校長)の3年生255人が12日、高校入試の合格を願って餅をついた。3月6〜7日の県立高校試験まで50日余。「よいしょーっ」「もっと強く」。生徒は声を掛け合いながら一人一人がきねを振り、全員合格に向けたラストスパートを誓った。