北中城中2年の荻堂盛韻(せいん)さん(14)は昨年12月、沖縄県・兵庫県青少年交流事業で神戸市の「人と防災未来センター」を訪れ、阪神大震災のことを学んだ。生まれる前の震災で、それまでニュースで見聞きした程度だった。