第45回那覇大綱挽まつりが10日、那覇市で開幕した。初日は「市民演芸・民族伝統芸能パレード」が国際通りであり、40団体約2千人が出演。ミッキーマウスとミニーマウスなど東京ディズニーリゾートの仲間たちも出演し、通りを埋めた親子連れや観光客らが手を振り、写真を撮ったりして楽しんでいた。

国際通りをパレードするミッキーマウス(上段右)とミニーマウスら。沿道には大勢の家族連れなどが詰め掛けた=10日午後2時すぎ(渡辺奈々撮影)

 雨が降る中、集まった観客数は8万5千人(主催者発表)。沖縄県とハワイ州の姉妹都市締結30周年式典関係で来県中のデービッド・イゲ州知事と翁長雄志知事もパレードに参加した。

 開催1時間半前から待っていた知名胡桃さん(9)=うるま市=は「ディズニーランドには5回行った。ミッキーとミニーが大好き」。親川佳奈沙さん(5)と母の美奈子さん(45)=那覇市=は「沖縄でミッキーを見られてうれしい。ディズニーランドに行ってみたい」と笑顔だった。

 那覇大綱挽まつりは12日まで開催。11日は国道58号久茂地交差点で世界最大級の大綱挽、国際通りでは旗頭行列がある。