沖縄県浦添市は市港川の雇用促進住宅をこのほど買い取り、低所得の子育て世帯を対象にした公共賃貸住宅「浦添市民住宅」を新たに整備する。18歳以下の子どもが2人以上いる世帯を入居条件として募集する。市によると、子育て支援を目的とした公共賃貸住宅は県内初という。

子育て支援を目的とした公共賃貸住宅を整備する浦添市

 建物は鉄筋コンクリートの5階建て2棟で、間取りは3DK。募集は、既に入居済みの63戸を除く17戸。市営住宅と同じ所得基準を設け、世帯収入などによって家賃を設定する。

 入居資格は、子どもが2人以上いる子育て世帯で、市内に1年以上住んでいること。7月ごろに入居者を公募し、9月末までの入居開始を予定している。

 子どもの人数によって入居の優先順位を設けるかどうかなど、具体的な選定方法は検討中という。市の担当者は「入居に公営住宅と同じ所得基準を設けることで、高額な家賃を負担できない低所得世帯の子育て支援につなげたい」と話した。

 問い合わせは市建築営繕課、電話098(876)1234(内線4621、4626)。