高校野球の第65回県秋季大会最終日は11日、沖縄セルラースタジアム那覇で決勝を行い、八重山が興南に3―1で逆転勝ちし、初優勝を飾った。

 八重山は0―1の四回無死一塁で4番黒島投真の右前打と送球間エラーの間に一走東盛隼己が生還して同点。なおも無死一、三塁から6番与那嶺匡の投ゴロが敵失を誘い、一気に2者が返って3―1と逆転した。

 八重山と興南は、来春の選抜大会の選考資料となる九州大会(24~29日・鹿児島)に出場する。15日に鹿児島市で抽選会が行われ、組み合わせが決定する。