福田達夫防衛政務官が17日、宮古島への陸上自衛隊配備計画に伴い弾薬庫を市城辺保良に整備する方針を下地敏彦市長に伝えた。昨年10月の市議選への影響を懸念し、正式決定を回避していたが今回、地元推進派が働き掛ける形で防衛省が公表に踏み切った。