サッカーの明治安田J3は11日、各地で第33節が行われた。5位のFC琉球は県総合運動公園陸上競技場で首位のレノファ山口と対戦し、0-2で敗れた。

 前半風下の琉球は序盤から劣勢が続き、27分に先制点を献上。さらに34分にも右サイドを崩されて追加点を奪われた。

 後半、琉球はカウンター攻撃やサイドからの突破で応戦。小幡純平、松尾昇悟らFW陣がシュートを放つもゴールを奪えず、今季8度目の完封負けを喫した。

 通算成績は12勝6分け12敗で勝ち点は42。順位は5位と変わらない。

 次戦は18日、南長野運動公園総合球技場で3位のAC長野パルセイロと対戦する。