高校野球の第65回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球放送、沖縄タイムス社)最終日は11日、沖縄セルラースタジアム那覇で決勝を行い、八重山が興南に3-1で逆転勝ちし、初の栄冠を手にした。

校歌斉唱後、笑顔で応援団の元へ向かう八重山高ナイン=沖縄セルラースタジアム那覇(渡辺奈々撮影)

 八重山は0-1で迎えた四回、先頭の3番東盛隼己、4番黒島投真、5番新里光平の3連打と6番与那嶺匡の投ゴロに2失策が絡み、一挙3点を奪って逆転に成功した。投げては、エース仲山琉斗が10安打1失点と粘って完投した。

 八重山は初、興南は2季連続25度目となる九州大会(24~29日・鹿児島)に出場する。