沖縄タイムス+プラス ニュース

米海兵隊は飛行を否定 普天間第二小上空に所属ヘリ3機、合意守られず

2018年1月19日 07:13

9秒でまるわかり!

  • 窓落下事故から1カ月。普天間第二小の上空を米軍ヘリが飛行した
  • 「最大限可能な限り避ける」との合意を破り、地元から反発や疑問の声
  • 米軍は追跡データや聞き取りを元に学校上空の飛行を否定している
 

 米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリから重さ約8キロの窓が落下し、運動場の使用を中止している沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校で18日、学校上空を米軍ヘリ3機が飛行する様子が確認された。米軍が学校上空飛行を「最大限可能な限り避ける」との合意からわずか1カ月で約束事が破られ、県内から反発の声が一斉に上がった。一方、第3海兵遠征軍は本紙取材に「学校上空は飛行していない」と否定した。

防衛省が公開した、宜野湾市の市立普天間第二小の上空を飛行する米軍ヘリコプターの画像=18日午後

 沖縄防衛局と宜野湾市教育委員会によると、同日午後1時25分ごろ、普天間所属のUH1Yヘリ1機、AH1Z攻撃ヘリ2機の計3機が同飛行場を離陸後、運動場上空を通過する様子を現場にいる監視員とカメラで確認した。児童らは給食、清掃後のドリルをするなどの時間帯だった。

 第二小は学校上空の飛行禁止を求めている。この日は使用を中止している運動場の再開に向け、米軍機の接近など危険を想定した避難訓練を始めたばかりだった。

 喜屋武悦子校長は「学校上空をヘリが飛んだことを大変残念に思う。なぜ飛んだのかを説明してほしい。最大限飛ばないという約束をしっかり守っていただきたい」とコメントした。

 佐喜真淳宜野湾市長は「学校関係者や保護者らの不安が募っている。(米軍の対応を)疑いたくなる」と話した。

 一方、第3海兵遠征軍は本紙に、機体のパイロットは「学校の位置を把握し、避けた」と回答。海兵隊は、レーダーの追跡データとパイロットへの聞き取りで「今日、機体は上空を飛行していないことを確認した」とした。学校上空の飛行を避ける努力を乗務員に指導しているともした。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

サクッとニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム