名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは12日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込み行動を続けた。県統一連の瀬長和男事務局長は、13日に翁長雄志知事が埋め立て承認を取り消すことに関し「待ち望んだ取り消しがようやく実現する。私たちの闘いは新しい段階に入る」と述べ、反対運動の継続を呼び掛けた。

 一方、辺野古の海上には午前10時現在、沖縄防衛局の警戒船6隻や海上保安庁のゴムボート6艇などが出ているが、目立った作業は確認されていない。

 新基地建設に反対する市民らは抗議船4隻とカヌー10艇で繰り出し、辺野古崎付近でボーリング調査の再開を警戒している。抗議船の船長は「あす、知事が埋め立て承認を取り消す。フロートもオイルフェンスも違法設置になる」と主張し、撤去するよう求めた。