国で宿泊施設を展開しているマイステイズ・ホテル・マネジメント(東京都、麻野篤毅社長)は18日、沖縄県石垣市新川のフサキリゾートヴィレジビーチ&ガーデンを2018年から3年間で、客室棟と施設棟を増設やリニューアルすると発表した。客室は398室、敷地面積は8万6千平方メートルとそれぞれ現在の約2倍に拡張する。

2018年6月にオープンするプールエリア(マイステイズ・ホテル・マネジメント提供)

 「石垣リゾートモダン」がコンセプト。18年6月には高さ最大6・50メートルのウオータースライダーを完備したプールエリアや託児スペースを新設する。18年冬にはロビーやレストラン棟、19年夏には約150室の客室棟、20年春には屋内プールやスパ、チャペルを備えた多目的宴会場など、20年秋には65室程度の客室棟を段階的にオープンする計画。

 ビジネスマネジメント九州・沖縄エリア担当の山城伸之部長は「これまでは冬の遊びが少なかったが、完成することで通年満足してもらえる施設に変化する」と述べた。