【名護】沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐり、翁長雄志知事が埋め立て承認を取り消したことを受け、稲嶺進市長は13日正午前から名護市役所で記者会見を開き、「その日がとうとうやってきたという思い。知事の発表を全面的に支持していく」と述べた。

翁長知事の埋め立て承認取り消しについて「全面的に支持していく」と述べる稲嶺市長(前列中央)=13日午後0時3分、名護市役所

 今後、国が国交省に審査請求と効力停止を申し立て、本体工事に着手する可能性について「そのようなことが許される日本ではないと思う」とけん制。県と連携を強め、対処していく方針を示した。

 県外の世論には、「法廷闘争になれば国民に細かく知らせる機会ができてくると思う。沖縄の現状、どうして沖縄がこのような目に遭わなければならないのか、全国に知らせる機会になってほしい」と求めた。

 記者会見には与党議員も立ち会い、翁長知事と稲嶺市長を支持する姿勢をあらためて示した。