名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県と政府は13日、全面対決に突入した。翁長雄志知事は最大の権限といわれる埋め立て承認取り消しを断行し、政府は即座に行政不服審査法に基づく審査請求と執行停止申し立てを表明した。