新基地建設阻止のため、あらゆる手段を駆使すると公約に掲げてきた翁長雄志知事が、前県政が出した埋め立て承認の取り消しに踏み切った。政府側が移設作業の「錦の御旗」にしてきた承認が失われ、県知事の権限で作業を止めた初めての事例となった。