【伊江】北部地域を中心に民間救急ヘリを運航するNPO法人MESHサポート(小濱正博理事長)は、これまでの患者搬送業務に加え、離島へき地への巡回医師派遣にも対応できる「医療用小型飛行機」をクラウドファンディングで購入し、7日に村で初めて試行運用した。

MESHサポートの小型飛行機で伊江島空港に到着した深谷医師=伊江村・同空港

 クラウドファンディングとは、ある目的のためにインターネットを通じて不特定多数の個人や団体から資金の出資などを募ること。同法人は、医療用飛行機の購入を目的に今年3月から寄付を呼び掛け、6月までに3500万円余の支援が集まった。

 現在運用中のヘリの行動範囲は半径50キロ。小型飛行機の導入で600キロに拡大し、奄美群島や先島諸島まで広がることから、急患搬送をはじめ代診医や専門医の派遣にも活用される。

 同日は、初めての試行運用として、沖縄地域医療支援センターを介して公立久米島病院の深谷幸雄院長が伊江村診療所への代診医勤務のため搭乗した。

 午前9時に久米島空港を離陸した飛行機は約30分で伊江島空港に到着。深谷医師は診療所職員の運転する車で村立診療所に向かい、同10時すぎには患者の診察に当たった。

 深谷医師は「とても快適なフライトだった。那覇空港経由に比べて移動時間が短縮され、利便性と負担軽減が図られて現地での診療を効率的に行える」と語った。

 同機は操縦士、医師、看護師、患者を合わせて4人乗り。村と同法人は同機の運航にかかる協定書を8月に締結しており、伊江島を拠点とした航空医療活動の展開に向け、今後、専用の格納庫の整備も計画している。