【東京】菅義偉官房長官は13日の会見で、翁長雄志知事が名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消したことに「沖縄や政府関係者の普天間飛行場の危険性除去に向けた努力を無視するもので非常に残念だ」と県の対応を批判した。その上で、「承認には瑕疵(かし)はない。移設工事を進めていくことは自然なことだ」と述べ、あらためて新基地建設への意欲を示した。

(左から)菅義偉官房長官、島尻安伊子沖縄担当相

 中谷元・防衛相は承認取り消しを不服として公有水面埋立法を所管する国土交通相へ審査請求と執行停止を求めることについて「行政不服審査法は不服申し立てができる対象を国民に限定せず、不服がある者に広く申し立てを認めている」と述べ、防衛省として申し立ての適格性があるとの認識を示した。

 審査請求をめぐっては、同じ政府機関の国交相が審査することに県や識者から「公平ではない」との指摘がある。だが中谷氏は「埋め立て承認は一般私人と同様の立場で受けた」とし、国が「私人」の立場で不服を申し立てる手続きに問題はないとの考えを示した。

 島尻安伊子沖縄担当相は「普天間飛行場の危険性除去に水を差すようなことになれば非常に残念だ」と指摘。一方、振興策への影響については「悪影響はないと思う」と否定した。