【宜野湾】宜野湾市の佐喜真淳市長は13日、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消しについて「取り消しがあったから(米軍普天間飛行場の)危険性の除去が停滞することはあってはならない」と指摘。翁長雄志知事に対し今後の危険性除去に向けた道筋を示すよう求める考えを重ねて示した。宜野湾市役所で記者団の取材に答えた。

記者団の質問に答える佐喜真淳・宜野湾市長=13日、宜野湾市役所

 佐喜真氏は取り消しへの賛否については「知事の立場でやったことだからコメントする立場でない」として言及を避けた。一方、危険性の除去については、政府とともに県に対しても「目に見える形でやってもらいたい」と要求。県側にも具体的な取り組みを求めることで、国との法廷闘争に向け準備を進める県を暗にけん制した。

 取り消しが来年1月の市長選に与える影響については「今後の推移を注視したい」と述べるにとどめた。