県立芸術大学の付属図書・芸術資料館で21日まで退任記念展を開いている柳悦州(よしくに)教授。退任後も「制作も研究もやり残していることがあるので沖縄で続けたい」と自宅を糸満に移して織と向き合う。3月20日には「沖縄の腰機と絣(かすり)」と題して、自身の課題を含めて講演する。