翁長雄志知事が名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消したことを受け、沖縄県内経済界からは公約通りの判断を評価する意見のほか、代替案がないことや、国と県の関係悪化を懸念する声もあった。一方で「政治問題にコメントする立場にない」と、経済振興とは一定の距離を保ちたいという考えもあった。