県教育委員会は18日、生徒に暴行したうるま市内の中学校の男性教諭(46)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。 県教委によると、教諭は昨年12月、男子生徒に授業の課題の提出を求めたところ、「めんどくさい」などと言われてかっとなり、頭を平手でたたいたり、胸ぐらをつかんで倒したりした。