名護市辺野古の新基地建設をめぐる沖縄県の埋め立て承認取り消しに対し、沖縄防衛局が無効の審査請求と執行停止の申立書を国土交通省に提出したことに翁長雄志知事は14日、「同じ内閣の一員である国土交通大臣に審査請求を行うことは不当というしかない。行政不服審査法のあしき前例になる」とコメントを発表した。

 翁長知事は取り消し翌日の審査請求に「政府の強硬姿勢を端的に示すものだ」と指摘。沖縄防衛局が「私人」として行政不服審査法の審査請求をしていることに、「国民の理解を得られない」と主張した。