長期にわたりストレスが多いと感じている中年男性は、がんになるリスクが2割高くなるとの研究結果を、国立がん研究センターなどのチームが19日までに発表した。女性ではストレスとがんの関係はみられなかった。

 ストレスの多い男性は飲酒や喫煙量も多くなり、がんに結びついた可能性もあるが、原因は特定できていない。がんセンターの津金昌一郎・社会と健康研究センター長は「いずれにせよ適切にストレスに対処することが大切だ」と話している。

 チームは40~69歳の男女約8万人を対象に1990年代の研究参加時と5年後の2回、日ごろ感じるストレスが少ないか、普通か、多いかを尋ねた。(共同通信)