旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(東京都、牧野友衛社長)は19日、同サイトに投稿された1年間の世界中の旅行者の口コミ評価や注目度を前年と比較した「人気上昇中の観光都市2018」を発表した。世界中の観光地の中から石垣市がトップに選ばれ、アジア地域のランキングでも首位に輝いた。

石垣市で一番人気の観光スポットの川平湾(トリップアドバイザー提供)

トリップアドバイザーの「人気上昇中の観光都市2018」世界ランキング

石垣市で一番人気の観光スポットの川平湾(トリップアドバイザー提供) トリップアドバイザーの「人気上昇中の観光都市2018」世界ランキング

 石垣市で一番人気の観光スポットはミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星となった川平湾で、多くの旅行者がグラスボートに乗船。「絵に描いたような美しい眺め」といった口コミが寄せられたという。

 中山義隆市長はトリップアドバイザーに対し、88個ある星座のうち84個を見られることや、地元のマグロやフルーツ、石垣牛、民俗芸能などの魅力を挙げ「これからも皆さまのご来訪を心よりお待ち申し上げる」とのコメントを寄せた。

 アジア地域のランキングでは岐阜県の高山市が2位に入り、釜山(韓国)、プノンペン(カンボジア)、南投(台湾)、深圳(中国)、台南(台湾)、西帰浦(韓国)、ニゴンボ(スリランカ)、ポカラ(ネパール)が続いた。

 ランキングでは、16年10月からの1年間に投稿された口コミなどを分析した。