翁長雄志知事が埋め立て承認を取り消した翌14日、沖縄防衛局職員が分厚い申立書を携え、国土交通省へ不服審査を申し立てた。申し立てのタイミングを「準備ができ次第」とあいまいにしてきた政府だが、実際は防衛局、国交省の政府機関同士で周到に準備された対抗策だった。関係者からは「出来レースだ」との指摘も上がる。