普段は宮古島でしか手に入らない特産品が並ぶ「ぷらからすマーケット」(主催・宮古島商工会議所)が19日、那覇市の国際通りにある島の駅みやこ桜坂市場で幕を開けた。宮古島の宝物2017グランプリに輝いたマンゴー村のパンナコッタ(350円)をはじめ、大量生産前の商品も多数あり、島から駆け付けた生産者も店頭でPRした。20日午後10時まで。

ぷらからすマーケットに並んだ宮古島の特産品をPRする出店者ら=19日、島の駅みやこ桜坂市場

 同市場を運営するパラダイスプランの西里長治代表は「期間中は、通常なら宮古島から外に出ない商品がたくさん。島の宝物を紹介したい」とあいさつした。

 島で自然栽培した月桃を使ったお茶などを並べた「宮古島月桃」の鈴木哲子代表(63)=宮古島市平良=は「小さな事業所でお店を持たない生産者も多く出店している。お客さんと直接触れ合い、精いっぱいPRしたい」と笑顔を見せた。

 期間中は午後6時から、国際通り屋台村で宮古島の泡盛メーカー6社などと連携した「宮古島ナイト」も開かれる。