名護市の東海岸、久志地域で「大人民泊」が始まった。民泊と言えば、沖縄県内各地で修学旅行生の受け入れが進んでいるが、久志地域では大人も積極的に受け入れることで活路を見いだそうとしている。本格開始から約半年。受け入れ民家はまだ少ないが、国内外から一人旅や家族旅行などの客が続々と訪れている。