那覇市久茂地のタイムスビルで開催中の「琉球の宝物グランマルシェ」(主催・琉球銀行)は20日、県産食材を使ったスイーツや弁当を食べたり、紅型の折り紙などの雑貨を手に取ったりする来場者でにぎわった。21日まで。

琉球の宝物グランプリを受賞したリュウキュウマツのアロマセットを手に取る来場者=20日、那覇市久茂地・タイムスビル

 琉銀が中小企業を支援する「琉球の宝物創造プロジェクト」に参加した25社が、工夫を凝らした自慢の商品を展示販売。古酒プリンや、繁多川豆腐とゴマのフィナンシェ、小麦粉を使わず魚肉を麺状にした魚そばなど、アイデアあふれる品々が並んだ。

 県産青果を使ったフルーツサンドなどを購入した山内竜三さん、芳枝さん夫妻は「新鮮なタンカンを手作業で皮をむいて作ったりするなど思いのこもった商品が多い。どれも食べてみたくなり、たくさん買ってしまった」と話した。