新春闘牛大会の余韻が残る21日、うるま市の石川多目的ドームでは読谷闘牛大会(主催・読谷闘牛組合 後援・沖縄タイムス社)が行われ、闘牛ファンや観光客らが猛牛の激闘に大きな声援を送った。 一番盛り上がったのは封切戦。3連勝の壮士郎パンダと闘志満々の仲村(自)勝天が激突した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。