県議会が19日の臨時会で、相次ぐ米軍機事故に対する抗議決議と意見書を可決したことで、復帰後の46年間に、米軍基地関連の事件や事故への抗議決議は220件、意見書は213件で、計433件となった。 決議と意見書の全体数は1040件で、基地問題関連が4割以上を占める。