防衛省と米軍の言い分が食い違っているのはなぜか。真相をうやむやにしてはならない。 防衛省は18日午後、普天間飛行場所属の米軍ヘリ3機が普天間第二小学校上空を飛行しているのを確認した。 CH53大型ヘリの窓が、第二小のグラウンドに落下し、地域住民に大きな衝撃を与えたのは昨年12月13日。