【糸満】沖縄戦が終わった1945年生まれでつくる「一期一会の集い」(新本博司会長)の約40人は15日、女優の松島トモ子さんを伴って糸満市摩文仁の沖縄戦没者墓苑を訪ね、平和を願って花束を手向けた。

沖縄戦没者墓苑に花を手向ける松島トモ子さん(手前)と一期一会の集いのメンバー=15日、糸満市摩文仁

 メンバーは同学年が縁で松島さんと約10年前から親交を深めており、来県に合わせて戦没者墓苑に出向き、沖縄戦で亡くなった同級生らの冥福を祈った。

 新本会長は戦後70年目に古希を迎えたことに「多くの戦没者に私たちが健康で頑張っていることを伝えたい。これからも活躍したい」と感慨深げ。墓苑に手を合わせた松島さんは「10年ぶりに沖縄に呼んでもらえてうれしい」と話した。

 同会は16日に那覇市のパシフィックホテル沖縄で合同古希祝賀会を開く。