【東京】名護市辺野古の埋め立て承認の取り消しに対する沖縄防衛局長の不服審査請求と執行停止の申し立てについて、所管する国土交通省の石井啓一大臣は16日の閣議後会見で、「申し立ての資格があるかどうかを含め今後審査していく」と話し、資格の有無について現時点で明確にしなかった。

 菅義偉官房長官は14日の会見で同局の請求権について「事業者と同じ立場で(取り消し)処分を受けた場合は、資格を有すると考えている」としていたが、石井大臣は即答しなかった。

 埋め立て承認を受ける際は国の立場、不服審査では事業者同様の立場と政府が使い分けていることについても「指摘は承知しているが、今後その点も含め審査する」と述べるにとどめた。